タグ別アーカイブ: 売却

担保や借地権の設定されている家を売却するには

住んでいる家を売却しようとする場合、所有権が
まったく本人のものであれば特に問題はないのですが、
なかには住宅ローンの返済がまだ済んでいないために
銀行による抵当権が設定されたままに
なっていたり、あるいは他人の土地を借りて
その上に家を建てて住んでいたために、
借地権が設定されているといった場合がみられます。

こうした特別な条件がある場合には、家の売却を
進める上で、どのような手続きが必要かを
よく検討しておかないと、後日のトラブルの種に
なってしまうことがありますので、
慎重に進めたほうがよいといえます。

抵当権が設定されている場合ですが、この場合は
通常、購入した人に引き渡しをする前に、銀行と
協議をして抵当権をはずしてもらうことになります。

もちろん、抵当権というのは、住宅ローンなどを
借りる上での担保として、もしも本人の返済が
とどこおったときには、家を競売にかけて債権を
回収するために設定されているものです。こっちを見つめている

そのため、抵当権をはずすとなれば、住宅ローンの
残債を一括して返済しなければならないと
いうことになります。

こうした抵当権の残っている家であっても、
売却がまったくできないわけではないのですが、
少なくとも購入した人はいつ競売にかけられるか
わからないままに購入しなければならない
わけですので、常識的に考えれば、そのままでは
買い手がつかないはずです。

また、借地上にある家を売却する場合ですが、
売却が不可ではないものの、これも通常は地主の
承諾を得てからということになり、承諾を獲れば
借地権ごと家の権利が売却されるという
かたちになります。

そもそも借地契約をするにあたり、無断売買を
した際は、契約が解除されるという約束が
含まれているのが通例であり、そのことは
事前に確認しておかなければなりません。

決意するまでが大変な家の売却

家の売却を考えるタイミングは人それぞれでしょう。

急な転勤や離婚、家族が独立したので広くなった家を
売却して住み替えを考えたり、誰も住んでいない
実家の売却を考えなければならない場合もあるでしょう。

しかし、大切な思い出が詰まった家を売却するのは勇気がいります。
決断を先延ばしにしてずるずると時間がかかってはいないでしょうか。

動き方の流れ当然のことながら、誰も住んでいない家は急激に傷んできます。

例えば、思い出の詰まった実家だからと誰も住んでいないのに
売却をしたり、賃貸に出したりすることもなく、
決意をすることを先延ばしにして空き家の状態にしていると
ネズミやネコなどが住み着いたり、庭や植木の手入れもせずに
傷んだ状態で放置しておくことで、ご近所の迷惑に
なってしまうこともあります。

また、毎年かかってくる固定資産税の支払いも
誰も住んでいないからといっても
待ってくれるわけではありません。

また、当然のことながら売却するのであれば、
築年数が浅い方が高い価格で査定される
可能性が高くなります。

使う予定がないまま放置しておくよりも、
売却をして必要な方に有効に使ってもらう方が
良い場合が多々あります。

もしも売却できずに持て余している状態が続いている
ようでしたら、一度査定だけでも不動産会社にしてもらうのは
如何でしょうか。

どういった手続きが必要なのか、手続きの流れや
相場などを知ることで、先延ばしにしていた決断が
出来るかもしれません。