カテゴリー別アーカイブ: 家を売る時に困ったら

担保や借地権の設定されている家を売却するには

住んでいる家を売却しようとする場合、所有権が
まったく本人のものであれば特に問題はないのですが、
なかには住宅ローンの返済がまだ済んでいないために
銀行による抵当権が設定されたままに
なっていたり、あるいは他人の土地を借りて
その上に家を建てて住んでいたために、
借地権が設定されているといった場合がみられます。

こうした特別な条件がある場合には、家の売却を
進める上で、どのような手続きが必要かを
よく検討しておかないと、後日のトラブルの種に
なってしまうことがありますので、
慎重に進めたほうがよいといえます。

抵当権が設定されている場合ですが、この場合は
通常、購入した人に引き渡しをする前に、銀行と
協議をして抵当権をはずしてもらうことになります。

もちろん、抵当権というのは、住宅ローンなどを
借りる上での担保として、もしも本人の返済が
とどこおったときには、家を競売にかけて債権を
回収するために設定されているものです。こっちを見つめている

そのため、抵当権をはずすとなれば、住宅ローンの
残債を一括して返済しなければならないと
いうことになります。

こうした抵当権の残っている家であっても、
売却がまったくできないわけではないのですが、
少なくとも購入した人はいつ競売にかけられるか
わからないままに購入しなければならない
わけですので、常識的に考えれば、そのままでは
買い手がつかないはずです。

また、借地上にある家を売却する場合ですが、
売却が不可ではないものの、これも通常は地主の
承諾を得てからということになり、承諾を獲れば
借地権ごと家の権利が売却されるという
かたちになります。

そもそも借地契約をするにあたり、無断売買を
した際は、契約が解除されるという約束が
含まれているのが通例であり、そのことは
事前に確認しておかなければなりません。

決意するまでが大変な家の売却

家の売却を考えるタイミングは人それぞれでしょう。

急な転勤や離婚、家族が独立したので広くなった家を
売却して住み替えを考えたり、誰も住んでいない
実家の売却を考えなければならない場合もあるでしょう。

しかし、大切な思い出が詰まった家を売却するのは勇気がいります。
決断を先延ばしにしてずるずると時間がかかってはいないでしょうか。

動き方の流れ当然のことながら、誰も住んでいない家は急激に傷んできます。

例えば、思い出の詰まった実家だからと誰も住んでいないのに
売却をしたり、賃貸に出したりすることもなく、
決意をすることを先延ばしにして空き家の状態にしていると
ネズミやネコなどが住み着いたり、庭や植木の手入れもせずに
傷んだ状態で放置しておくことで、ご近所の迷惑に
なってしまうこともあります。

また、毎年かかってくる固定資産税の支払いも
誰も住んでいないからといっても
待ってくれるわけではありません。

また、当然のことながら売却するのであれば、
築年数が浅い方が高い価格で査定される
可能性が高くなります。

使う予定がないまま放置しておくよりも、
売却をして必要な方に有効に使ってもらう方が
良い場合が多々あります。

もしも売却できずに持て余している状態が続いている
ようでしたら、一度査定だけでも不動産会社にしてもらうのは
如何でしょうか。

どういった手続きが必要なのか、手続きの流れや
相場などを知ることで、先延ばしにしていた決断が
出来るかもしれません。

不動産会社の特徴によって持ち家を振り分ける

家を購入したとしても、そこに一生住み続ける
人もいれば、そうでない人もいます。

もし一生住み続けるのであれば、その家を
メンテナンスをして、長持ちさせる必要があるでしょう。

一方で、多くの人は住宅を購入しても一生住み続けません。

どこかのタイミングで売却をしてしまうのです。
家を売るタイミングというのは、人それぞれになります。

購入して3年に内に売る人もいれば、20年以上
経過してから売る人もいます。

ですがどのタイミングで家を売るにしても、
できるだけ高く売りたいと思うのが
本音ではないでしょうか。

では、どうしたらできるだけ高く家を
売ることができるでしょうか。よく考える

この時にポイントになるのが、不動産会社選びなります。

不動産会社にはそれぞれ特徴があります。

例えば、単純に賃貸住宅を扱っている不動産会社と、
住宅を売却することを専門的に行っている会社があります。

中には両方とも行っている会社もあるでしょう。

地元密着型の会社やある程度大きな会社は
これにあたります。密接に関わる

住宅を売ることを専門的に行っている会社であれば、
どのような住宅を売却することを得意としているのかを
よく考えておきましょう。

例えばマンションを専門的に売却しているところに
一戸建て住宅を売ってしまっても、あまり高値で
売れないかも知れません。

また古民家など専門的な一戸建て住宅を売却することを
得意としている場合も同様に、あまり高値で売ることは難しいです。

一戸建て住宅を売るならば、一戸建て住宅の売却を
得意としているところを選ぶべきです。

家を高く売るコツを学ぶこと

家を少しでも高い価格で売ることができれば、
住宅ローンの残っている部分を繰り上げ返済する
ことができ、新しく購入するマイホームの頭金も
確保することができるでしょう。

素人でも努力次第では、家を高値で売るコツを
学ぶことができるので、業者任せにせずに
自分でしっかりと調べておくことが重要となります。nothing

家を高く売るためのポイントとしては、
多くの人の目に留まるようにすることが
重要となります。

古くなっている家の場合には、
外観のリフォームを行っておくことも
有効な方法となります。

外壁が劣化によってひび割れている場合なども、
きちんと補修しておくと印象がかなり良くなります。

塗装などを外壁にきれいに塗れば汚れなども
隠れるでしょう。

また、外から見える部分である、外構なども
しっかりと印象をよくするために
手を加えておくと良いでしょう。目に留まる

雑草などが生えているままになっていると
見た目もよくないので、草刈りなどを
しておくこともお勧めです。

家を高く売るためのポイントとしては、
市場に出す時期なども大切になります。

同様の物件が多数出回っている時期の場合には
買手がいろいろな物件を比較して検討することになるので、
買手が見つかりにくくなります。

家を売る際には、流通市場に出すタイミングなども
しっかりと学ぶと良いでしょう。

家を高く売るためのコツは、書籍などでも勉強することが
できますが、業者などからいろいろな情報を集めることも
有効な方法となるでしょう。

どこに相談すると上手く家を売れるか知りたい

家を売るときの相談については、最初に不動産会社の
担当者に相談するのがもっとも一般的といえます。

最初に、家を売るときの相場については
しっかりと把握しておくようにしたほうが良いでしょう。

不動産の取引実務を日常的に行っている
不動産業者であれば、家の相場を
しっかりと教えてくれます。

ただし、家を売るときにおいては、1社だけに
相談するようなことはできれば避けておくように
しておきます。よく見て

いい加減な業者に出会うのを避けるためです。

複数から見積もりをとっておいて、
平均的な相場などを把握したりして、
売りたい会社の候補を絞っておく
ようにするのが確実でしょう。

その次に不動産鑑定士に依頼するという方法もあります。

不動産鑑定士は、不動産の価値を査定する専門家といえます。
実際の売買価格にも精通しており、不動産会社の
スタッフとも違って、客観的に価格についての
アドバイスをくれます。

ただ、実際の売買には関わることがない場合がほとんどです。

中には、不動産会社が不動産鑑定士の資格を持っている
スタッフを抱えているというケースもありますが、
たいていはコンサルティングサービスとしての
活用をすることになります。 観察する

高額な不動産を所有している場合には、
売却において失敗しないために
客観的な意見をもらうことができる
不動産鑑定士の存在が頼りになる
といえます。

税理士やファイナンシャルプランナーなどについては、
不動産というよりも、不動産にかかる税金などの
問題が出てきたときに、活用することができます。

家を売るときに相続などの問題が出た場合には、
活用するのは有効です。