ローンが残っている家を売却するメリットとデメリットとは

ローンが残っている家を売らなければ
ならないことは意外とよくあります。

例えば、転勤や引越しや離婚などです。
そのような時のメリットとデメリットを
理解しておくと便利です。

まずメリットですが、売らなければならない
事情にきちんと現実の生活がそえることです。

例えば、引っ越して誰も住んでもいない
家の融資残高を払い続けることは
現実的ではありません。

そのため、家を売却して入ってきたお金で
融資残高を一括返済すれば、家のローンから
解放されることと、場合によっては
融資残高よりも、家が高く売れた時には
売却益が出ることです。

一方でデメリットは、もし、融資残高よりも
安くしか売れない場合は、売ることが
できないことです。

但しこの場合は、ローン返済が滞ったりする
場合に限って、「任意売却」という方法を使って
家を売却するとができます。

但し、その場合は、売却して入ってきたお金を
返済に充てた残りの融資残高分を
返済し続けなければなりません。
それがデメリットです。添える

しかし、その場合にも、債権者との
新しい返済条件で再び返済プランが
作成されるために、返済しやすくなる
というのがメリットです。

つまり、融資残高が残っている場合の
売却には、融資残高よりも高く売れる場合は
融資残高の返済がなくなることと
売却益が出ること。家がある安心感

また、低くしか売れない場合は、
融資残高の返済がまだ残ってしまうことが
デメリットです。

しかし、その場合でも返済方法が
楽になるのがメリットです。